新耐震基準と旧耐震基準とは

現在の建築基準法上の耐震基準は1981年6月1日に施行されたものとなります。

こちらが新耐震基準と言われるものです。日本の建築基準法は大きな地震によって改正を繰り返してきました。

またお客様からよく聞かれる点でもあります。その中でよくある誤解について説明致します。

それは1981年6月以降に建築された建物は全て新耐震基準であると思っている方が多い点です。

建物は皆さんお分かりのように1日、2日ではとても建築されませんよね。

法の施行が6月1日ですから、それ以降に建築確認済証を取得しているものが新耐震基準の建物となります。

建物を建てる時は行政に建築確認申請を行い建築基準法に則しているものかどうか審査を受けます。

審査が通ると建築確認済証が発行され建築が開始されます。

ですから新耐震基準の建物とは1981年6月1日以降に建築確認済証が発行された建物ということになります。

1981年、1982年、1983年あたりの物件を購入する時にはこれらを頭に入れ建築確認済証があれば

見せてもらうようにしましょう。

 

各種、住宅ローン相談を高田馬場徒歩1分の本社で行っております。

相談フォームからご予約頂くかお電話にてお問いあわせ下さい。(TEL:03-6205-5552)

http://remoral.co.jp/loan_counseling.html

 

ブログ始めました

 

こんにちは。

リモラルのホームページにお越しいただきありがとうございます。

この度、「社内ブログ」を始めることに致しました。

 

リモラルブログでは不動産業界を取り巻く税制の変更や、住宅ローン動向など出来るだけこれから不動産を売ろう、買おうと思っている方に役立つ新しい情報をお届けしていこうと思っております。

 

 

 

それだけでは堅苦しいので、よくある企業ブログにあるような高田馬場のグルメ情報なども、ときどき織り交ぜながらつらつらとお伝えします。中にはお役に立てる情報もあるかと思いますので、たまに覗いて頂けると幸いです。

それでは、よろしくお願い致します。

TEL

LINE

MAIL