フラット35親族居住用ローンについて

こんにちは。リモラル営業部です。

最近ご相談を受けた中でいくつかの例を上げます。

①田舎の両親を都内に呼び寄せたい。その両親用の住宅をローンで購入したい。

②現在、群馬県に住んでいる。子供が大学に進学したので大学4年間の家賃、更新料

また社会人になってからしばらくの家賃を考えると安いマンションを買ってそこに

住まわせたい。

私どもの会社が高田馬場にあるせいか特に②については多くお問い合わせがあります。

 

以前のブログでもお話したのですが、これらのローンは基本的にセカンドローン扱い

となります。そしてセカンドローンに関してはどこの銀行も消極的で、あまり融資は

受けられないと思って頂いていいでしょう。

 

そこでやはり融通が効くのが「フラット35」です。また今回の商品は

「フラット35親族居住用」というものであります。

「フラット35親族居住用」は大きく2つに分かれており、親入居型と子入居型です。

基本的には親入居型は自分の親、または配偶者の親、自分の祖父母、配偶者の祖父母

となります。かなり広い範囲での検討ができる商品だと思います。

 

また子入居型に関しては本人と配偶者の子、又はその配偶者、本人と配偶者の孫と

その孫の配偶者が対象となり、こちらもかなり広い範囲で検討が出来ます。

また収入合算なども銀行より緩い条件で足せますのでぜひご相談下さい。

 

※ただし前にブログで説明したとおり、フラット35適合物件でなければ

フラット35融資は受けられません。そのあたりは過去の記事を参考に見て

頂ければと思います。2018年4月よりインスぺクション等の制度により

適合証明発行に関しても若干厳しさが増しています。フラット35融資経験豊富

なリモラルまでご相談下さい。店頭でのご相談は高田馬場徒歩1分の当社まで

ご連絡の上お越しください。

フラット35適合証明書のおはなし②

TEL

LINE

MAIL