セカンドローンについて

こんにちは。

こちらもよくあるご相談の一つです。住宅ローンとは基本的に自分で住むためのローンです。実際に銀行などにローン契約をしに行った方はよくわかると思いますが、融資担当者に口酸っぱく「自分で住むためのローン」という説明を何回も受けます。題名のセカンドローンですが、今の自宅とは別に二つ目のローンを組むというものです。

 

実際に私が受けたご相談の中では、

『大学生になる子どものために家賃の支払い並みで学校の近くに購入したい。』

『田舎にいる両親を自宅近くのマンションに住まわせたい。』等です。

 

この場合に色々な銀行に私共も話を持っていきますが、結果的にはフラット35で落ち着きます。

フラット35親族居住用ローンという商品です。子入居型と親入居型というものが細かくあります。

金利や諸費用など通常のフラットと何の遜色なく使用できます。

 

2017年11月現在、私感ではありますが都市銀行などは住宅ローンの融資に関しては、あまり積極的ではないと感じています。住宅ローン融資に関して積極的でない上にセカンドローンとなれば尚更であります。年収的に何の問題もなく、自己資金も物件価格に対してかなり入るといったケースでないと融資は難しいと思われます。

 

某メガバンクでは地方の住宅ローンセンターを閉鎖などのニュースも入ってきております。ローン審査においても今後はパソコンや携帯アプリから登録して一ヶ所で審査、支店に引き継ぎという形が強くなると思います。こちらはネット銀行の台頭や金利合戦によってもますます助長されていくものと思います。銀行の引き上げとは反対にフラット35の取り扱い最大手のアルヒ住宅ローンは2017年12月に新規上場予定ということです。私たちもいつもお世話になっていますが、融資担当者のスピード感、商品知識、積極性などフラット取り扱い会社の中では抜群です。いつもありがとうございます!!

 

リモラルでは銀行ローンとフラット35どちらの審査も同時に可能です。双方の利点、弱点を比較してご提案を行ってまいります。土日祝日も住宅ローン相談を高田馬場で行っております。物件情報もたくさんお渡しできます。ご相談お待ちしております。

 

セカンドローンのご相談もリモラルへ!

http://www.remoral.co.jp/loan_counseling

TEL

LINE

MAIL